天然の磯がき! その美味しさの秘密  手の平サイズに8年の歳月
     ◎ 千葉の贈り物フジテレビ7/3放送「新鮮!大粒!飯岡磯ガキ」
◎5月31日NHKあさイチ「九十九里の巨大な岩ガキ」放映
◎7月17日TBSテレビNスタ「夏があつい!天然岩牡蠣」放映

◎ 磯がき料理の感想⇒柏プラスさん    ⇒バイク「の」さんブログ NHKちばブログ hibikiさんのブログ
           メザニュー食べ行くブログ  ニコニコ動画
                  磯 が き と は
飯岡、銚子のカキは養殖のマガキと違い、岩ガキに属し初夏から夏にかけタマゴを胎内に持つため栄養源であるプランクトンを大量に吸収し大きくなりプリプリした食感が特徴です。冬に食べるマガキに対し季節がら夏ガキとも呼ばれ、もっぱら生で食べるため地元では生ガキが呼ばれています。
            ◎ブランド名 磯ガキ  ◎通称 夏ガキ  ◎学名 岩牡蠣
◎銚子では岩場の根にカキが付着、細長いので「ツボガキ」とも呼ばれ、これに対し飯岡ではテトラポットに付着、平らなコンクリートの壁面で成長し、底面が平らなため「ヒラガキ」といわれています。

◎飯岡では昭和40年以降侵食防止で海岸に波消しブロックの護岸が新設され、これにカキが付着し昭和60年以降大量に獲れるようになりました。もともとは屏風ヶ浦の根に住み着いていた岩ガキでしたが浜の近くに設置された波消しブロックから採れるようになって「磯がき」という呼び名が一般的になって来ました。

◎飯岡宿泊組合が磯がき祭りを始めたころはまだ時期になると魚屋さんの店頭にカキが並ぶほどでこれ以降、年を追って磯がきを求め大勢の観光客が訪れるようになりました。磯がき料理を始めて21年になりこの季節だけで首都圏から数千人の観光客を集客するイベントに成長しました。
 

◎ 
カキの成長を大きく左右するのがプランクトンの量です。一般に岩ガキは3〜10Mの海底で成長します。飯岡では海面から1〜3Mと浅いため海面の水温が比較的高くプランクトンの発生が早く、その量が多いと考えられます。

◎ 美味しい時期は6月中旬から7月中旬まで産卵の時期に当たります。胎内に卵を持つため栄養を蓄え、濃厚なミルク色のプリプリした形態となります。これ以降は卵を少しずつ放出、8月下旬の台風を境に卵の放出量に比例しながら極端に身が痩せてきます。

◎かって砂鉄の町といわれたほど海岸の砂に砂鉄が含まれています。このため他の海岸に対し亜鉛などミネラル分を大量に含み、これらを直接、吸収するため夏バテには最適な海の幸の一級品として親しまれています。また、その旨さは一度食べたら忘れない独特な味を持っているのが磯ガキです。

           
◎バスツアー(まいたび)あやめと磯がきコース案内
磯ガキ料理(11時から昼食)⇒1時間から1時間30分で佐原の町並み・あやめ・菖蒲園周りがお薦めです!

逆コースは佐原で町並み・昼食⇒あやめ・菖蒲園めぐり⇒宿泊して磯ガキ料理!
    磯ガキの採取風景
磯がきは時期が来ると漁師が潮加減を見ながら漁に入ります。生産者から消費者までの流れは漁業組合の競りに拠らず漁師と宿泊組合・魚屋さんなどとの相対取引が慣行となっています。漁師さんも専業の人のほか季節に従事する人もあり年間の収穫量など正確に把握することが困難と言
うのが現状です。
 
美味しいい磯がきの選び方
 魚屋さんでも販売していますが値段はまちまちです。外見からは鮮度の良し悪しは判断できません。購入後、ご家庭で食べる場合は10度以下の温度で保存、早めに食べること。(当店では殻から取り出した後、カキ殻アルカリ水で殺菌処理しています)
カキの付着物を取り除く
テトラの中で磯がきを探す。干潮の前後4時間の漁が続く。
漁を終え戻ったところ
網の中に磯がきを入れ砂浜に
戻る。
NHKあさイチ取材
TBSテレビNスタ放映
         磯 が き 料 理
     磯ガキ料理
5月1日から8月31日まで
◎宿泊料金1,500円で生ガキと焼きガキ
◎昼食コ¥3900円
 小鉢+前菜+生ガキ+焼きガキ
   + 釜飯+汁物+デザート
 生ガキ中¥800円
 生ガキ大 ¥1000円
 生ガキ特大¥1400円
 焼き ガキ \1000円
 カキフライ¥1100円
 ジャンボカキフライ¥1400円
 殻付きカキ販売¥1200円
から
  申し込み  土日は混み合いますので出来るだけ予約でお願いします。予約いただければ お席をご用意いたします。
  宿泊 夏休みプランは電話、ネットはこちらから
  電話 0479-57-3190 FAX 0479-57-5769
           Eメール mail info@tuberi.jp    カントリーハウス 海 辺 里

  マスコミ報道
 
◎ 7月17日TBSテレビNスタ「千葉の夏があつい!」岩牡放映

◎ 5月31日NHKあさイチで「九十九里の巨大な岩ガキ」放映

◎ 5月26日読売報道千葉版「飯岡磯ガキ祭り」取材記事掲載

◎ 5月26日千葉日報「大ぶり濃厚食べに来て」取材記事掲載

◎~29年5月26日 朝日新聞千葉版「磯ガキ食べに来て」取材記事掲載

◎ 
7/3放送「新!大粒!飯岡磯ガキ」
◎ 5月29日千葉日報県東版「大ぶり磯ガキいかが」取材記事掲載
◎ 平成28年5月25日毎日新聞千葉版「味わい濃厚、大きさ通常の倍 来月1日から 旭 /千葉」記事掲載
◎ 5月25日千葉県観光物産協会「まるごとe千葉「」磯がき祭り紹介
◎ 5月25日 朝日新聞千葉版「「今年も食べに来て」磯がき祭り取材記事
◎ 5月25日 読売新聞千葉版「ぷりぷり磯ガキ存分に」記事掲載
◎ 5月25日千葉テレビ試食会夜のニユース番組で放映
◎ 5月24日磯がき祭りの試食会開催、
◎平成28年5月JAFメイト6月号磯がき料理紹介
◎平成27年7月22日NHKひるまえホット「磯がき料理」放映
◎ 7月 6日読売新聞 磯がき祭取材記事掲載

◎ 6月25日千葉県の広報番組「魅力いっぱい千葉夏のドライブ編」で
        千葉テレビの磯がき料理取材⇒7月4日(土)22時から放映
◎6月5日千葉日報「大ぶり、濃厚な海の幸」飯岡磯ガキ祭り 記事掲載

平成27年6月2日J:COMチャンネル「ちばドキッ」磯がき料理を生中継
平成27年6月1日産経新聞「天然磯がき祭り」記事掲載
平成27年5月30日朝日新聞千葉版「今夏も頑張る磯ガキ」掲載
平成26年5月31日千葉日報取材記事
平成26年5月31日読売千葉版 磯がき祭取材記事
平成26年5月29日NHK千葉アナ 前田ブログ
平成25年6月27日TBSラジオ 12:45ゆうゆうワイド磯ガキ祭り放送
平成25年6月11日テレビ朝日「やじうまテレビ」天気番組で磯がき放映
平成25年6月4日東京新聞記事掲載
平成25年6月4日 NHKゆうどきネットワークで放映
平成25年月30日産経新聞取材記事掲載
平成25年5月30日 読売新聞掲載
平成21年6月24日NHKいっと6けんで磯がき料理放映
平成21年6月13日日本水産経済新聞が記事掲載
平成21年6月3日産経新聞社記事掲載
平成6月2日NHK放送取材
平成21年5月30日毎日新聞掲載
平成21年5月31日千葉日報に掲載
平成21年5月30日朝日新聞千葉版に掲載
平成21年5月27日読売新聞千葉版に記事掲載
平成21年5月27日千葉テレビ放映

平成20年6月2日千葉日報に掲載
平成20年5月31日常総新聞に掲載
平成20年5月30日読売新聞千葉版に掲載
平成20年5月28日産経新聞首都圏版に掲載
平成20年5月25日JR東日本発行の「小さな旅」に掲載
平成19年6月 あるブログで掲載しています
平成19年6月18日 産経新聞に磯ガキ祭り掲載
平成19年5月14日 JR東日本「ちいさな旅」で磯ガキ紹介


平成18年5月27日 産経新聞磯ガキ祭り掲載
平成18年5月30日 NHK朝のニユースで放映
平成18年5月30日 千葉日報磯ガキ祭り掲載
平成18年6月3日 日本テレビおもいっきりテレビで放映
平成18年6月7日 毎日新聞磯ガキ祭り掲載
平成18年6月8日 TBSラジオ磯がき祭り放送
平成18年6月9日 読売新聞磯ガキ祭り掲載
平成18年6月13日 日本テレビ木原実さんの天気予
             報番組で磯ガキ放映。
平成18年7月1日 産経新聞東京版「GAZEN」に
             取材記事掲載。
   
◎ 磯ガキの殻のリサイクルはここから
◎ カキの殻は天然の素材として様々な用途に使われています。必要な方には無償で
お譲りしていますのでお気軽にご相談して下さい。。
磯ガキを獲る”トリスガリ”
収める網を”ハコビスカリ”
磯ガキを獲るスタイル
付着物を取り除き選別する。
焼きガキの香ばしい香り