黒潮と親潮が織りなす銚子沖、例年5月から7月にかけ銚子・飯岡港では「入梅イワシ」と呼ばれる脂がのった大型のイワシが浜を賑わす。このイワシを素材に地元ならではの献立で持て成しています。